同じ距離で引越しをするときに、家財道具の量が変わってくると引越し料金も変わります。

そのあたりの変化量をチェックする事が大事となります。

子供が数名増えたぐらいでは家財道具はそんなに増えないのですが、

二人家族の場合と、四人家族では、5割程見積金額が高くなる事が分かっています。

33397b8819c4e83964a7caf6ee17386b_s

なので、単身の引越しの場合の価格と家族が増えたときの価格を考えれば、

家財道具が増えた分のデメリットが分かってきます。

私が考えるのは、引越し金額が5万円から8万円程度にアップするのであれば、

家財道具はいつか処分してしまっても良いのではないかと思います。

良く考えてみると、家財道具でもあまり使わない物があるので、

引越しの時期が近づいてきたら、本などは段ボールに詰め込んでしまい、

書庫は、リサイクルショップなどに売ってしまえば家財道具がかなり減ります。

本がコミック等なら大事な物だけを保管して、段ボールの2つ分くらいは、

古本屋さんに売ってしまえば、移動する家財道具がガクンと減ります。

そのようなちょっとした手を加えていくことにより、引越し費用も安くすることが出来ます。

もしかしたら、引越し先で本棚を買って、

新しい漫画を買った方が十分にメリットがあるかもしれません。

引越し費用を安く抑えたい方へ→引越し コツ

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする