他社も検討していることを伝えると、数万円単位でおまけしてくれる会社も珍しくないから、

一社だけの見積もりに納得しないことが肝要です。

少し我慢して割引してくれる引越し業者と出合うまで見積もりに来てもらいましょう。

手間いらずの「一括見積もりサービス」というのは、

利用者が記録した引越し先の住所や段ボール数などのデータを、

何社かの引越し業者に知らせて、料金の見積もりを作成してもらうという用法です。

a0006_002881

六曜の「大安」などの縁起の良い日程は希望者が多いので、費用を値上げしています。

引越し業者毎に暦などによる料金設定がバラバラになっていますから、

始めに相談しておくことをお奨めします。

実際、引越し業者というのは数多開業していますよね。

日本中に支店を持つ企業はいわずもがな、零細企業でも大多数は、

一人暮らしなど単身者向けの引越しコースを準備しています。

実働スタッフの工数をザッと仮定して、見積もりの基準にする方法が原則です。

とはいえ一部の引越し業者の中には、現場で作業を行った時間が明らかになったあとで、

従業員の時給ベースではじき出す方式を用いています。

もし、1社の引越し業者に絞って見積もりを取ると、

蓋を開けてみると、安くはない料金を準備しなければいけなくなります。

少なくとも3社以上の会社をタダで一括見積もりで比較するのはマストです。

業界トップクラスの引越し業者、または料金が安くない会社は、

接客や作業等は、非のうちどころのないところが数多くあると思っても構いません。

料金と品柄の何が重要なのか、という答えを出しておいたほうがいいです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする